ヤリ捨てされまくってこじらせがちな丁度いいブスの話

 

 

昨日のアポは負けだった

 

20代後半のアパレル店員で、スト値5ぐらいだろうか。

いわゆるちょうどいいブスって感じ。抱けるし割と可愛いけれど、本命で付き合うほどでもない。一回抱けばいいかな、みたいなレベルの子だ

 

案の定その子は、以前にも何回かやり捨てされたみたいで、

 

「元カレとはいつ別れたの?」

 

「んー、元カレっていうか、付き合ってないけどうやむやにされてた人とは1月ぐらいに別れたよ。てか最近そういう人ばっかりでさ。3連続ぐらいそんな感じ」

 

まぁ、これは通話の時点での話なんだけれども。実際に会ってみると、「なるほどな~」と思う程度には丁度いいブスだった。いや、丁度いいブスというか、見る人が見れば全然可愛いというか。いきものがかりのボーカルぐらいのレベル的な。

 

確実にセックスするのであれば、そのような免疫が付いている相手である以上、初回デートではシュートを打たずに準則や準々即を狙うべきである。

 

が、その程度のレベルの女と2回もデートをしてまでセックスしたいかと言われると微妙だ。どうせデートするのなら、新規で可愛い女の子とセックスしたい。

 

だから、やはりダメ元でシュートを打つことにした。

 

カフェに集合して、おしゃべりして、ちょっと散歩して、そして、

「どっかで休憩しよっか~」

といってしれっとホテルの玄関に連れていく。

 

そしたらやっぱり

 

「…帰る。」

 

不機嫌になるのが分かる。

 

「….はぁ~、ショックやわ~」

 

ホテルまでの道程では、食い付きも良くて、手も繋げた。しかし、ホテルの前についた途端、相手のテンションが急降下だ

 

あとから話を聞くと、

「前の人にもあのホテルに誘われた!」

ということで、どうやら前回のナンパ師とおんなじホテルに誘い込んでしまったらしい。そらもう完敗である

 

「なんで男の人って直ぐ誘うの!!」

 

「そら誘うでしょう。いいなって思った人のことはもっと知りたいじゃん??」

 

「….でもどうせヤッたらもう終わりでしょ?」

 

「そんなわけないじゃん」

 

「って男の人はみんな言うの」

 

まぁ、そら言うわな。

 

てか、おぬし程度のレベルで俺と付き合えると思ってんの?

どうせお前、ちゃんとしたアプローチを仕掛けてくるような(非モテ)男は恋愛対象として見れないでしょ??

…などと心の中に思いながら

 

この押し問答になると、もうヤレることはない。というか、免疫が完全に出来上がってるので、彼女に関しては、もういわゆる普通のオツキアイをするしかないんだろう。

 

このぐらいの見た目って、もう一番遊ばれるというか。

スト値5の女というのは、マンコパワーにより、スト値は2ぐらい盛れるので、自分よりもレベルの高い相手と一応セックスはできる。そしてヤリ捨てされる。

 

しかし、セックス自体は出来るもんだから、自分がそのスト高男とレベルが釣り合っていると勘違いする。

 

すると、その女が恋愛対象として見れる男のレベルが高まる。

 

その結果、自分と釣り合った相手(スト値3〜6)を恋愛対象として見れず、上ばっかり狙っちゃう。

 

恋愛対象として見れるスト高にはヤリ捨てされ、ちゃんとアプローチしてくれる身分相応な相手は恋愛対象として見れない。

という板挟み。

 

 

てか本人も

「友達に彼氏が出来ないってことを相談したら、『あんたは高望みしすぎだ』って言われた。」

「どうでもいい人には好かれるのに、好きな人には振り向いてもらえない」

等といっており、なんだよ、分かってんじゃん。

 

まぁでも、やっぱり理屈では分かってても、そうは行かないのだろう。

恋愛は理屈でするもんじゃない、本能でするもんだし。

 

「女はマンコパワーにより下駄を履かせてもらえる」ということを本当の意味で理解できる女は強いと思う

 

しかし、それを理解しているのは少数派だ。

 

だからこそ女はやり捨てされたと嘆く

 

じゃあどうすれば女は幸せになれるのかというと、

・自分の身の程をわきまえる

・自分を磨き続ける

・マンコパワーのメリットデメリットを知る

・男にサンクコストをかけさせる

・試行回数を増やし、イケメンで誠実な男をひっかける

とかだろうか

 

「やり捨てされた」

じゃなくて、

「私の魅力が足りなかったんだ」

と思うべきなんだよなぁ

 

「なんで男ってやり捨てするの」

なんて嘆いてても現状は変わらない。男とはそういう生き物であると現実を受け止めて、それに合わせて動きを考えてゆく。それが大事なんだ

 

…とか言っても、世の中の女はそれを理解できないんだろうし、無駄だってこと分かってるから、ここに書きなぐっておこうと思う。

 

そもそも俺とて、「女ってバカな生き物だな」なんて嘆いたって仕方がないわけで。結果的に今回のアポは負けているわけで

 

例え免疫がついている女であろうと、圧倒的に魅了することができれば、開城できたかもしれないわけで。

やはり、今回の負けは俺の実力不足でもある。

 

まぁ、でも、やっぱり「ヤリ捨てされるのはおまえのせいだろ」って言いたい。

けれど言えないので、彼女の目の届かないであろう、このネットの片隅に、ひっそりと落書きしておくのである。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です