ヲタク女子とデートした感想【やはりヲタクは搾取される】

 

 

どうも、えもみんです。

 

昨日withで番ゲした子とアポだったんですけれども。

そして見事に写真詐欺でセックスできなかったんですけれども。

 

その子とデートして感じたことを書き残していきたい。

 

その子の名前、めっちゃ目がパッチリしてた(クオーターだった)ので、ぱち子ちゃんと名付けましょう。

 

写真詐欺

 

アプリでマッチングして、合流。

そこに現れたのは、上手い具合に写真詐欺をしたおデブちゃんでした。おデブっていうか、ぽっちゃりとデブも間ぐらい。おしい。

 

悲しい。痩せてたらおそらく美人で可愛いはず。抱けたのに。悲しい。

 

ここで帰ることもできたんですけれども、やはりせっかく集合場所にまで来てもらったので、お茶ぐらいして帰るか~ってことで合流して近くのカフェに入りまする。

 

アニメグッズに貢ぐ女

 

話しを聞いてみると、ぱち子ちゃんは重度のヲタクだった。

 

僕もアニメを見るのが大好きなヲタクではあるんですけれども、ぱち子ちゃんはもっとガチ勢だった。

 

ぱち子ちゃんが特にはまっているアニメが、某ソシャゲ。あん〇タである。

俺も詳しいことはよくわからんのだけれど、バンドリとか、アイマスとか、それの男版だと思ってもらっていい。

 

で、なんかその中のキャラクターで推しがいて、めちゃめちゃグッズを買うのだそうだ。

なんなら推しの誕生日はケーキを買ってその周りに推しのグッズを並べて写真をついったにアップするそうだ。いたんだマジでそういう人

 

あとは、そのソシャゲの舞台版を見に行ったりだとか、円盤買ったりだとかするらしい。

 

アポの日も、

「今日は福岡公演の初日だったから行こうか迷ったんですけど、夜行バス取れなくて…じゃあ新幹線で行くかなぁ…5万円かぁ…どうしようかなぁ…って思ってました。」

って言ってた。

 

そのほかにも、とにかくいろんなソシャゲだとかアニメだとか、ぱち子ちゃんは好きで、2次元のキャラクターにお給料やら時間を捧げるタイプの女子である。

 

僕にとってのゴミが彼女にとっての宝

 

まぁ、僕もヲタクの端くれなので、そのような人がいるというのは知っていたので、理解はある程度してるつもり。

 

..ではあったのだけれども、しばらくナンパ活動にどっぷり浸かっていたので、ガチヲタに合うのは久しぶりでなんだか異文化交流って感じだった。

 

で、カフェを出た後は、ヲタク話に花が咲いたので、一緒にアニメイト(アニメグッズを売っているお店)に行くことにした。

 

店内に入ると、所せましとアニメグッズが並べられている。

キャラクターのラバーストラップだとか、縫いぐるみだとか、よりどりみどり。

 

ぶっちゃけ自分にとって興味のない作品のグッズなんて、ただのゴミでしかないんですが、そんなゴミに対して何百円~何千円という商品価値がつけられて売られているのを見て、心の中で、

(えげつない商売してるなぁ~)

とか思ったりした。

 

まぁ、でもアニメが好きな人にとってはきっと、そのグッズが宝なのである。

人にとってのゴミが、だれかにとって宝っていうのは往々にしてある。

例えば、JKの使用済みパンツが、キモイおっさんにとっては宝だったりするし。

僕は本が好きだけど、本が嫌いな人だっている。

 

現実を見るか、空想に浸るのか

 

なんだかんだ言って、アニメイトにいる人達のスト値は男女ともに低かった。

 

そりゃそうか。

 

リアル(現実)での生活が充実してないからこそ、生身の人間に相手してもらえない(と思っている)ような人だからこそ、空想(アニメ)の世界に引き込まれていくわけですし。

 

時々、2次元の世界にはまって、そこに時間とお金を浪費させている人を見ると、

「なんであの人達は、2次元の女の子にはまるんだろう?現実の女の子の方が良くない?セックス、気持ちよくない?」

とか思ったりするんだけれども、そんなことヲタクの方がよくわかってるはずである。

 

物理的に、精神的になんらかの理由があり、現実の恋愛が厳しい(もしくは厳しいと思いこんで努力をあきらめた)からこそ、二次元に走るのである。

 

そう考えると、二次元の恋愛って、リアルとの恋愛の代替品でもありつつ、非モテにとっての最後の砦でもあるんかなと。

 

アイドルとか、アニメとかソシャゲビジネスって、非モテから搾取していると見ることもできるし、非モテを救っているとも見ることができるんかなとか思ったりもする。

 

とはいえ、アイドルや2次元は麻薬だと思う

 

アイドルや2次元(アニメとかソシャゲとか)っていうのは、どうしようもない非モテの心を救う。

確かにこういう側面はあると思う。

 

とはいえ、やはり、やっぱり、アイドルとか2次元っていうのは、たばことか麻薬みたいなもんだ。

金で買えるかりそめの幸福である。

 

アイドルだったり、2次元のキャラクターに課金することによって、いつか自分もその子と付き合えるんじゃないか。推しの力になれるんじゃないか…

 

確かに、それも一理あるかもしれんけれども、結局搾取されて終わるのが関の山である。(そんなこと言ったら怒られそうだけど)

 

作品やキャラクターのことを好き(like)になるのはいいことかもしれんけれども、ガチ恋(love)はヤバい。

 

「私なんて2次元で十分だわ…」っていうのは、マジでちょっと臆病で怠惰なだけだと思う。

ちょっと頑張ってちょっと勇気を出せば、恋人なんて簡単に手に入る。

 

2次元やアイドルにかけているお金や時間を、モテに振るコミットすれば、8割ぐらいの人は確実に恋人ができるはずである。

 

特に今の時代、みんながみんあアイドルだとか、アニメだとか無料ポルノだとかで、時間も金も性欲も搾取されているもんだから、ライバルは弱体化されてるわけで。やっぱりちょっと頑張ればモテるようになるんだよな。

 

…とか、そんなことアドバイスしても、きっと多くのヲタクは変わらないと思うんだけど。

 

そもそも、アイドルとかアニメとかもう、コンテンツを楽しむだけで、幸せになれるもんな。ドーピング出ちゃうもんな。課金したらもっとドーパミンでるし。楽なんよ。ヴァーチャルの方が、圧倒的に。

 

モテたいならちょっと苦労すればいいだけなんだけど、そのちょっとができないのよね。ほとんどの人が。

 

…うん、やっぱりアイドルやら2次元は麻薬だ。まじで。やっぱりヲタクは搾取される運命にあると言っても過言ではない。

 

貢がせをするならガチヲタがおすすめ

 

大分話がそれてしまったけれど、貢がせをするならぱち子ちゃんみたいな子が良いと思う。

 

ガチヲタは金銭感覚がバグってるので、じゃんじゃんお金使ってくれるはずです。

おまけにヲタクは自己肯定感も低いですし。

あと、搾取されやすいようにアヘアヘに調教されてますしおすし。

 

個人的にはあんまり好みじゃないですけれど、おすすめ。

 

ということで、ヲタク女子とデートしたよ~って話でした。

それではっ!!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です