【グダ崩し】女の本音と建て前を理解し、最後は悪者になってあげる

 

 

どうも、貢がせネトナンニートこと私です、えもみんです。

 

今回はグダ崩しの話。

 

女の本音と建て前

 

女っていうのは、上記のツイートの通り、本音を言わないメンドクサイ生き物なんですよね。

 

「エッチしたいな~」

「こいつとならエッチしてもいいかな~」

とか思ってても、自分からエッチしよう~!!なんて積極的に言えないんです。

 

女の子が積極的に「エッチしよ♡」、「抱いて♡」、なんて言えるのは、

・相当食い付きを上げている

・その子の貞操観念が低い

等、かなりレアなケース。

 

…というか、俺たち男ですら、ホテルや自宅に誘い出すとき勇気を必要とするのに、女の子ならなおさら、性に対して消極的になってしまうのは当たり前のことですよね。

 

だからこそ、僕たちは女の子の「今日はしないよ!」という建前を受け流しつつ、(エッチしたい)という本音にアプローチする必要があるわけですね。

 

言い訳を用意してあげる

 

女の子の「今日は無理」という建前を突破するポイントは、言い訳を用意してあげるということです。

 

例えば先ほどの

「今日は何もしないから!!」

という誘い文句も、女の子に、

 

(今日は何もしないんだから別にホテルに泊まっても大丈夫よね☆)

という言い訳を与えることができるわけですね。

 

あとは、女の子が口先だけで「いや~やめて~」とか言いつつ、防御の手が弱いとか、顎をクイっとするとチューさせてくるときとか。それはまさに、

「やめて~って言われたんだけど強引に…////」

っていう言い訳をさせてあげるためです。(心理的に)

 

※女の子が強い抵抗を示している時はNG。明らかに防御の手が弱い時に限る

 

女の子から自らセックスに誘うという状況は、あってはならないんです。

 

・強引に

・仕方なく

・そうせざるを得なかった

そういう状況になって初めて、女の子は安心して抱かれることができるわけです。(もちろん積極的な痴女もなかにはいますけれども、8割は受け身な女)

 

つまり悪者になってあげる

 

普通に生きてたら、僕たちは悪者になんてなりたくないですよね。

善良な心を持つ僕たちは、本来であれば、

 

「何もしないから!!」

なんて嘘ついて家に呼び込みたくないし

 

「まだ早い!」

なんて言われたら、「そうだね…早いよね…やめとこっか…」って思うし

 

「いやぁ、やめてぇ///」

なんて言われたら、「はい、ごめんなさい、辞めます。」ってなる

 

しかし、こと恋愛、女とのセックスに関しては、僕たちは悪者にならんといかんのです。古臭い言い方すると、オオカミになりましょってこと。

 

「何もしないから」と家に誘いこみ。

「まだ早い。」なんて分かってても、「そんなことないよ。会ってその日に合体するのが普通だよ。」と嘘をつき

「いや~ダメ~///」なんて言われも多少強引に突破する。

 

僕たちは加害者。女の子は被害者。

そういう関係性を女の子は望んでます。

「セックスをしたい」という罪を僕たちが被ってあげるんです。

それが、セックスをするための基本ですね。誰も教えちゃくれないんですけれども。

 

女は嘘つきで強引な男の遺伝子が欲しい

 

現代社会では誠実さ、優しさっていうのが大切ですし、評価されます。

 

しかし、こと恋愛においてはそれだけじゃダメなんですよね。

 

なぜなら、恋愛は、生殖活動であり、動物的な要素も求められるからです。

 

人間の本能っていうのは、原始時代からあまり進化してなくて、原始時代に合わせて最適化されています。

 

原始時代に生き残ってくような個体はどのような性質を持っていたのでしょうか?

ちなみに原始時代に法律や道徳、倫理観なんてないんで、社会のルールとしては北斗の拳的な、暴力が支配する世紀末を想像した方が良いかと思います。

 

そんな社会の中では、おそらく、「優しい」「誠実」なだけのオスは、直ぐに殺されていたでしょう。

それに対し、「強引さ」「嘘をつく能力」を兼ね備えた個体っていうのは、ひょろいオスよりもきっと生き残っていた可能性が高いです。

 

なので、メスもそれに合わせては「優しくて誠実」なだけの男の遺伝子を残すことだけはなんとしてでも阻止したいはず。

 

だからこそ、女は、「本音と建て前の試練」を用意して、「優しくて誠実なだけじゃなく、強引さ、嘘をつく能力も兼ね備えた遺伝子」をスクリーニングしていこうという本能が進化してきたわけですね。

 

そういう意味でも、やはり僕たちは、多少なりとも、「強引さ」「嘘をつく能力」っていうのが求められるわけですな。

 

進化心理学×恋愛について詳しくは、「アルファオスnote」に書いてありますので気になる人はぜひ。

 

全ては女性のためなのである

 

女は平気で、

「優しい男が好き」

「強引な男は嫌」

などと言ってきますが、そんな言葉に騙されちゃいかんのです。いや、彼女らも本気でそう思って言っているし、悪気はないんだけれども、彼女らの本能が無意識にそうさせているんですよね。

 

それを分かった上で、僕たちは、嘘をついて女の建前を突破しつつ、女の「抱いて欲しい」という本音にアプローチする必要があるわけですな。

 

「今日はダメ」

「いや~///」

そういう言葉は全て、女の無意識から発せられる試練と思って、機械的に突破していきましょう。

勿論強引にはダメですけれども、ちゃんと押せるところまでは押す、2度か3度くらいは拒否られてもチャレンジしてみる、っていう攻めの姿勢が大事ですね。

 

それでは。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です