35歳子持ちハーフ系美人シンママを即ってキープしてる話

 

 

どうもえもみんです。先日、35歳の美人シンママを即ったのですが

 

 

即ってからは毎週のようにあってて。今日も会う予定でホテルまで予約してたんだけど、まさかの持病の悪化(命に別状はない)→入院でドタキャンされて暇になったのでこうして家でパソコンをカタカタとしているわけです。

即ったのは5日。もはや20日以上前なのですが、覚えてる範囲で書いていきたい。

 

 

女の子スペック

年齢:35歳

見た目:M○Y J

性格:優しい・明るい

職業:OL

体系:スレンダー

 

普通に20代前半で通用する見た目なんだよなぁ

ナンパを始めたてのときは35歳なんておばさんじゃんwwwなんて思ってた僕ですが、全然若い。

 

めちゃめちゃ美人で35歳といえば、擦れてそうなもの。

しかし、若くして結婚して子供を産んで、っていう人生で恋愛を経験してこなかったせいか、めちゃめちゃ純粋で良い子でした。

 

(いいねはまさかの1200。ちな僕が連絡先を抜いた時は100ぐらいでした。アプリはスピードが命)

即までの流れ

 

アプリで即効ラインを抜いて、速攻で電話して。

2時間半ぐらいおしゃべりして和んで、次の日ひたまたま予定がないっちゅーことでアポ取り付けて。

 

アポ当日はカフェで和んで、カラオケ連れ込んで。

 

数曲歌った後に

「疲れたー」

とか言いながら抱きついて、キスしておっぱい揉んで。

 

パンツの中に手を入れようとしたら抵抗されたけど、いいじゃんいいじゃんとグイグイ押したら意外と大丈夫で。

 

パンツの中に手を入れたらぐっしょりで。

 

クチュクチュしてあげたらめちゃ気持ち良さそうで。

 

パンツを脱がそうとするも、さすがにここではダメと言われ。

 

じゃあと、手を掴んでちんこに当てるとさすさすしてくれるので、これはいけると。

 

おもむろに俺はパンツを脱いで、

「ちょwwwww何脱いでんのwwww」

と言いつつ、手を息子に押し当てたらしこしこしてくれる(食いつきがある女の子はそういうもん

 

しばらくしこしこしたら、次は頭をちんこに抱き寄せて

「なめて」

って言ったらまぁフェラしてくれて。これがめちゃめちゃ上手で。

 

もうちょっとでイキそうになるんだけど、寸止めされて

「ちょwwもうちょいでイキそうなのにwww」

「ダメだよ、終わっちゃうじゃん」

とか言い出すので、

 

「終わらないよ。今回だけだと思ってんの?」

「違うの?」

「違うに決まってんじゃんwww」

 

「とりあえず場所移動しよ」

とか言ってホテルにぶちこんで即。2回戦。

 

って感じの初回でした。

 

 

もうね、カフェ→カラオケ or ネカフェにぶち込んどけばなんとかなる。

 

健全な個室を挟んで女のスイッチを入れた方が即率は上がる。もちろん、ヨネスケやパレ搬ができるに越したことはないけれども。

 

とにかくギラつくために密室に連れ込むってことが大事

 

キープ

あまりにも美人だったのでちゃんとキープ出来るか心配だったけど、2回目はネカフェでセックス三昧だったし、3回目はお泊まりセックス三昧だったしちゃんとキープできた模様。

 

擦れてない子で、セックスまで持っていき、あとはちゃんと毎日ラインして、たまに連絡して週一で会うなどしていれば、基本的にはキープできます。

 

また、今回の子は美人で年齢がいってるわりに、恋愛経験がすくなくすくなく擦れてなかったのも勝因ですね。

 

若くして結婚→子供を産んで、離婚。20代は子育て。その間は他の人と恋愛できず、擦れることなくアラサーに突入し、そして子供は成長し、暇になってアプリを始めた、みたいな感じで。20代の遊ぶ時期というのが本当になかったみたいで。

 

美人といえば、擦れている。アラサーといえば、経験豊富。アラサーといば婚活くそババア。シンママといえばめんどくさい。っていうのが一般的な傾向だと思うんですけれども。

しかし、傾向は傾向。全員が全員そんなわけじゃない。一定数エラーは存在します。

 

だからこそ、今回のようなスト高美人なのに擦れてなくて優しくて良い子、みたいな掘り出しものも存在するし、すんなりゲットできちゃったわけですね。

 

まぁ、結局会ってみるまで、ヤッてみるまでわからないもんです。

とにかく、アポってセックストライ。これに尽きますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です