アニメとか映画とか漫画の恋愛は完全に間違ってる【洗脳です】

 

 

アニメだとか、ドラマだとか、マンガだとか。

 

そういう物語上っていうか、創作物上っていうか、フィクション上の恋愛において、恋愛の作法というものは決まっている。

 

出会って。

どちらか一方が一方のことを好きになり。

友達以上恋人未満の関係がしばらく続き。

なんやかんや二人の距離が近づいたり離れたりするイベントがありつつ。

告白イベントがあり。

そして最終的に、結ばれる(か結ばれないか決着がつく)

 

これが基本である。

高校生ぐらいまで教わる恋愛の作法ってこんな感じじゃないでしょうか??

少なくとも、僕はそうだった。

 

女の子向けの作品はもっと大人っぽいのかな?知らんけれど。

 

昔のピュアな僕は、恋愛っていうのは、綺麗で、物語的で、ロマンチックで、プラトニックなものだと思っていた。

 

特に、男向けの恋愛アニメというものは、

「(設定上は)冴えないけれど、誠実な男がありのままの状態で、なんか普通に生活していたら、美少女が現れて、なんか知らんけれどモテる。」

というものが多い。

 

僕もそういう作品は、好き。

だし、数年前まではそのような恋愛に憧れていたし、そんな展開になると信じて疑ってなかった。

アニメ上のピュアピュアな恋愛が俺の恋愛の教科書だった。

 

「俺も今はモテないし、冴えないけれど、女の子に対して、一途に、誠実に向き合っていれば、いつかきっと可愛い女の子が俺を見つけてくれる。付き合ってくれる。童貞卒業できる。」

 

そう信じて疑わなかった。

 

だから、僕は好きな人ができたときは、

 

出会って。

友達になって。

好きになって。

片思いして。

まずは友達として仲良くなり。

コミュニケーションを取ったり、プレゼントを贈るなどしてアピールをし。

好感度を上げ(たつもりになって)

そして、告白する。

 

そういう手順を踏んでいくこととしたのである。

 

しかし、現実、それじゃ上手くいかなかったのである。

どれだけ誠実に相手に好きだという気持ちを伝えようと、好感度を上げようと努力しても、無駄なものは無駄なのである。

 

出会って、友達になることはできる。

しかし

「異性として好きになってもらう」

ということは、大変難しかった。

 

なんでかっていうと、女の子っていう生き物は

「一旦男を友達フォルダにより分けてしまうと、恋愛対象として見れなくなる」

という性質を持っているからである。

 

恋愛の基本は短期決戦。

鉄は熱いうちに打て。

「他人からいきなり恋人」が基本。

 

そんな攻略方を知らなかった僕は、恋愛とは、「他人→友達→友達以上恋人未満→恋人」というプロセスを踏んで、まさに、「恋は種をまき、肥料をやり、水を上げ続け、やっとの思いで実らせるものである。」と信じて疑わなかったのである。

 

あと、ひと昔流行っていた「エロゲ」だとか「ギャルゲ」の好感度システムね。

あれも、良くないよね。あの方式も、「恋愛とは、好感度を積み上げ、じっくりと育てていくものである」というある種洗脳を男に植え付ける。

 

女の子と付き合うためには、セックスするためには、熟成期間なんて必要なくて。

「友達という関係を挟む」ってのは、むしろ悪手でしかなくて。

 

出会って、3回目のデートで手を繋ぐだとか、告白するだとか。

それぐらいのスピード感が必要である。

 

っていうのが現実なのにも関わらず、僕たちは世の中に存在するアニメやマンガやドラマによって、間違った方法を植え付けられてきたのである。

 

なぜか。

 

なぜ、アニメやマンガやドラマなど空想上の物語っちゅーのは、僕たちに間違った恋愛の作法を植え付けるのか。

 

そうやって間違った作法を植え付けられるからこそ、俺たちは本物の、生身の、3次元の女の子とセックスすることができず、2次元の女の子に向かって、、、いやティッシュに向かって果てきた。

 

どれだけの、俺たちの思いが、体力が、栄養が、無駄に散っていったことか…

そんなことをやってるから少子化が進むのである。

 

これは陰謀なのか!?

間違った恋愛作法を、マンガやアニメ、ドラマなどの媒体を使い、国民に植え付けることによって、非モテを量産し、日本の少子化を進め、国家を破滅させる…

 

誰だ?誰がこんなことを….!!!

 

 

って、思ったんです。僕。

で、考えたんです。考えた結果。

 

…違うんだ。

陰謀なんかじゃない。

 

俺たち自信が、「間違った恋愛作法」を求めているからこそ、そのような作法に沿った、フィクションが作られるのである。

 

想像して欲しい。

 

最適化された恋愛っていうのは、

 

「女の子に出会い、デートを取り付け、2,3回デートし、男は手を繋ぎ、女はそれに応じれば、セックスする。そしてワンナイトだか付き合っていくかを決める。」

なのだけれども。下手したら、初回のデートで決着着くんだけれども。

 

そんな合理的な恋愛を描いたドラマやアニメ、見たいですか??

というか、そもそも尺が持たんよね。

恋を育てる期間もくそもないですし。

ドラマで言うと3話ぐらいあったら十分なんじゃないでしょうか。

 

「女の子との出会いを大量に用意し、デートをしまくり、アグレッシブに攻め、セフレを作り、その中から本命彼女を見つける。」

そんな超合理的ではあるけれど、倫理的に問題だらけの作品、テレビで流せるわけがないですよね。

 

そもそも、フィクションっていうのは、俺たちがが

「こうであって欲しいな・・・!!」

と思うからこそ作られるものなわけですよ。

 

現実の恋愛っていうのは、残酷で。

顔の容姿だとか、年収だとか、性格だとか、そういうステータスが低いやつはモテない。

冴えないやつは、当然のことながらモテない。

美少女なんて学校にいないし。ましてや俺たち冴えない男子に振り向いてくれるなんてことないわけで。

 

学校にいる可愛い女の子っていうのは、モテてチャラくて押しが強くて性格キツイやつとよろしくヤッてるわけですよ。

 

そういう現実を描いた作品が、果たして世の中に必要とされているのか?

作品として、この世の中に出して、それが売れるのか?

そもそも、そんな現実だけを描いた作品を作りたがる人間がいるのか?

 

おらんでしょう。

 

現実では、冴えないやつはモテないし。

美少女なんて存在しないし。

ましてやその子が好きになってくれるなんてことはないし。

好きな人ができて、あらゆる手段を駆使して他人→友達→恋人って段階を進めようとしても、振られることなんてザラにある。

 

そんな現実が嫌で、残酷で、夢も希望もないからこそ、アニメやマンガやドラマを通じて、物語として、創作物が僕たちを楽しませてくれるんですよね。

 

よく片方が病気や事故で死んで泣ける恋愛映画だとか、あと、最近で言えば「君の名は。」について

「あんなもん、美女と美男子だから成り立つんだよ。」

とか批判する人いるじゃないですか。

 

バカかと。アホなのかと。

「逆にブスとブスが恋愛する作品なんて誰が見たいんだよ」と。

「誰がそんな作品を求めるんだよ。」

といいたい。

 

話が逸れた。

 

まぁつまり何が言いたいかというと、フィクションが僕たちを洗脳してるんじゃない。

僕たちが、フィクションを求めて、

「そうだったらいいな。いや、そうに違いない。」

と自分で自分に洗脳かけてたってわけです。

 

ちゃんと努力すれば、他人→友達→恋人になれる。

努力は報われるんや。

 

冴えないけれど、なんの努力もせずモテてぇ…

5人ぐらいの女の子にモテてぇ…

ハーレム最高….

 

だとか、そういうのは全部妄想なわけで。

 

まぁ、何が言いたいかっていうと、現実見ましょって話ですね。

 

努力したって報われないこともある。

冴えない自分が急にモテだすことなんてない。

美少女はバカみたいにもてるし、早々に処女を卒業するしあなたを好きになることなんてないし。

ありのままの自分を受けいれてくれる人なんていないし。

 

女の子とセックスするためには、そういう残酷な現実を受け入れて、自分を一つ一つ改革していくしかないんですよね。

 

ここまで読んでいると、

「なんて残酷な世界なんや….」

と絶望する人もいるかもしれませんね。

 

しかし、この世の中が、フィクションに包まれているおかげで良いこともあります。

それは、あなたが間違った恋愛知識を埋め込まれていたように、他のライバルも間違った方法を埋め込まれているってことです。

 

つまり、現実に気づいたあなたは、ライバルより一歩リードしてるっていうことですね。

 

ライバルの知らない現実を知ったあなたは、正しい方向に向かって努力することができます。

 

実りもしない恋愛に対して執着し、「努力は必ず報われる」と愛情やカネや時間を無駄に消費してるライバルを傍目に、

 

あなたは

「恋愛は確率論である。当たりもあるし、外れもある。まずは当たりを引くために大量に出会いを用意しよう。

ハズレっぽい女はさっさと捨てて、当たる見込みのある女にリソースを投入しよう。

恋愛に友達の段階はいらない。告白もいらねぇ。さっさと手を繋いでしまおう」

と現実に即した合理的かつ最適な行動を行うことができるわけです。

 

それだけで、あなたが可愛い女の子とセックスできる確率はめちゃ高まります。

それだけで、残酷な現実を知る価値はあるよね、って話。

 

 

ありがたいことに、テレビやネットを通じて、フィクションはライバルを洗脳し続けてくれます。

アニメやマンガという甘美で麻薬的な商品は、ライバルから金や時間や体力を奪っていってくれます。

 

今まであなたを洗脳してきた、アニメやマンガの世界が、今度はあなたとライバルとの差を広げる武器になってくれるわけですね。

 

現実を知ったあなたがやることは、現実的に、モテる男とは何ぞやと、知り。あとは、大量に出会いを確保して行動に移すだけです。

 

現実的にモテる方法については、こちらの記事にまとめています。

【恋愛の教科書】出会い,モテ,デート, 会話,男女の心理学,下ネタまで完全攻略【これを読めばモテモテ恋愛マスター】

 

出会いについては、ナンパなりマッチングアプリなりを活用するのがおすすめです。

マッチングアプリについては、実際に僕が使っているアプリを紹介しておきます。

 

フィクションによって足止めを食らっているライバルを置き去りに、圧倒的出会いと、現実的かつ合理的な戦略によって、理想の恋人を実際に手に入れてみましょう。

 

おすすめマッチングアプリ

1位:タップル誕生

会員数 400万人
年齢層 【男性】20〜29歳
【女性】20〜25歳
月額料金 男性:3900円
女性:無料
目的 恋活
カジュアル

 

タップル誕生は、AbemaTVや、グランブルーファンタジーなどで有名な「サイバーエージェント」が運営しているマッチングアプリ。

2019年現在、会員数は400万人を超え、日本で一番使われているマッチングアプリとなっています。

さらにタップルは、国内累計マッチング数は1億を超え、マッチングのしやすさもピカイチ。

 

特に、大学生など若者が多く利用しているところが特徴です。

 

今一番熱いアプリは間違いなくタップル。

また、趣味ごとにグループ分けされており、スワイプ形式で気になる相手に「いいね」を送れる手軽さも◎

とりあえず、マッチングアプリを始めるならタップルからで間違いないでしょう!!

 

タップル誕生おすすめポイント
  1. 20代の若者
  2. 共通の趣味を通じて出会いたい人
  3. まずは無料で出会ってみたい人

\会員数国内No.1!!/

>>タップルを無料ダウンロード

 

タップル誕生-マッチングアプリ・恋活サービス(tapple)

タップル誕生-マッチングアプリ・恋活サービス(tapple)
開発元:MatchingAgent, Inc.
無料
posted withアプリーチ

タップル誕生について詳しくはこちら

タップル誕生とは?実際に使ってみたよ!【20代の5人に1人が使ってる大人気マッチングアプリだった】

 

2位:with

会員数 90万人
年齢層 【男性】20〜35歳
【女性】20〜30歳
月額料金 男性:3900円
女性:無料
目的 恋活

 

with(ウィズ)はメンタリストDaigoが監修しているマッチングアプリです。

メンタリストであるDaigoによる心理テストを元に性格が合う相手とマッチングできるというのが特徴。

 

かなり詳しく趣味や性格を診断してくれるので、自分に合った相手が見つかりやすいです。

 

会員数は90万人とやや少なめですが、バリバリ会えます。

 

また、性格診断が充実しているだけあって、内面を重視する女の子が多く、それに比例するように性格の良い子が多いです。

ライバルの男子はなぜか弱いので、ちゃんとプロフィールを作りこめば確実に出会えます。

 

「with」おすすめポイント
  1. 趣味や性格など、内面での出会いを探したい人
  2. 20代の男女
  3. 恋愛を楽しみたい人

\登録無料/

>>withを始める

withについて詳しくはこちら

 

3位:Pairs

会員数 1000万人(累計)
年齢層 【男性】20〜30歳
【女性】20〜30歳
月額料金 男性:3480円
女性:無料
目的 恋活
婚活

 

ペアーズは、国内会員数1000万人を超える老舗マッチングアプリです。

とくに、

「結婚を前提にお付き合いをしたい・・・!」

「できるだけ結婚相手を早く見つけたい・・・!!」

といった思考を持っている人にはとくにおすすめです。

 

会員数が多いだけあって、マッチングのしやすさはなかなかのもの。

しかし、結婚重視の婚活アプリという面があるので、逆に言えば、かなり年収や職業など、スペックで判断されがちです。

逆に言えば、自分の職業や年収がある人ならば、無双できるマッチングアプリといえるでしょう!!

 

「Pairs」おすすめポイント
  1. 結婚を前提にお付き合いする人を見つけたい人
  2. 20代~30代の大人
  3. 自分のスペックで無双したい人

\登録無料!/

>>Pairsを始める

 

合わせて読みたい

 

 

それでは、よき恋愛生活を!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です