花澤○菜似の25歳と出会ったその日にエッチした話

 

どうもえもみんです。

 

昨日、花澤○菜を少しぽちゃっとさせた女の子を即ることができたので、記録していきたいと思います。

 

 

女の子スペック

年齢:25歳

見た目:花澤○菜を少しぽちゃっとさせた感じ。Fカップの巨乳。

性格:優しい・明るい

職業:販売

 

以下かなちゃん(仮名)で呼んでいきます。

 

アプリ→LINE交換

 

いつものように、3ラリーぐらいでライン交換しようと思ってたんですけど、たまたまかなちゃんが休みだったので、

 

「よかったら電話しませんか?」

「少しならいいですよー」

 

と、すんなり電話の打診が通ります。

タップルはアプリ内で通話ができるので、そこで直接話そうとしたんですが、なぜかバグってお互いの声が聞こえず。

 

なので、

「ラインで話そっか!」

「いいですよー」

 

って感じで、難なくラインゲット。

 

参考 【即&貢がせの源泉】えもみん式最強with番ゲ【番ゲスクショ50枚でもう迷わない】note

 

そのあとは2時間ぐらい電話してました。

 

 

電話での好感度も上々。

 

電話で食いつきを上げて、しっかり異性として口説いておけば、アポでのクロージングもスムーズです。

 

 

参考 【アポドタ防止&即&貢がせ誘導】最強のえもみん式通話術【たった一回の通話で女の子を虜にする方法】note

 

マッチングからアポまで1週間ぐらいだったんですが、その間も毎日ラインを欠かさず。

あとは電話も1時間ぐらいしてました。本当は毎日電話とか少しでもした方がベストなんですけどね。

 

アポ当日

 

で、アポ当日。かなちゃんは次の日朝から仕事ということで、ランチアポになりました。

 

写真はすごく可愛かったんですけど、女の子の詐欺技術は半端じゃないので、あまり期待せず待ち合わせに向かいます。

 

待ち合わせ時間は12時。

 

今住んでる場所がなかなかの田舎なので、電車が30分に一本とかしかないんですが、かなちゃんは遅刻せずに到着するために11時30分着の電車に乗って早めに着いてました。次の電車は12時10分とかなのに・・・。

 

最近アポって負けたキャバ嬢がクソ過ぎて、こういう小さな優しさだけで泣けてきますね。。。

 

というわけで、合流したんですが、もうほぼほぼ写真通りの可愛い女の子でした。

ぱっちり二重で色しろで、おっぱいもなかなかに大きくて。

もうそれだけでテンション上がります。

 

ランチ

 

全然どこに行くか決めてなかったんですけど、(決めておいた方がいいんですけど、)

かなちゃんは気になってたオムライスの店があったらしく、そこに行きたいといってくれました。

 

少し高級なお店で、一皿1500円〜2000円ぐらい。

俺は1500円の、かなちゃんは2000円ぐらいのオムライスを頼んでました。(たけぇ)

 

「こういうとこに来たら奮発しないと♪」

とか言ってた気がする。

 

かなちゃんは女の子にしては食べるのが早くて、普通に俺よりも早く食べ終わってました。というか、流石にぽっちゃりしてるだけ会って、ほんとに食べるのが好きみたいです。

 

なんなら、普段女の子とばっかり食べてるから、俺の食べるスピードが遅くて、久しぶりに男と飯食ってる気分になったよね。

 

食べてる途中は、まぁしょうもない話をしてた気がします。

「めっちゃ美味しい〜!」

「うま過ぎ〜!」

みたいな、当たり障りのない感じ。それでいて、かなちゃんに楽しんでもらえるように、ボケもはさみつつ。

 

終始、あんまり目が合ってなくて、電話の時よりテンションが低かったので少しこちらはテンション高めで話してました。

後々聞くと、やっぱり緊張してたらしいですね。

 

お会計は、率先して割り勘してくれました。なんなら、自分から伝票をレジに持っていこうとしていたぐらい。

 

良い子だ。。。。

 

カラオケ

店を出たあとは、

「どうする〜?カラオケ行く?」

「行こっ」

 

すんなりカラオケ搬送。

 

まぁ、これも事前にかなちゃんは一人でカラオケ行くぐらい行くぐらい好きって言ってたので計画通りって感じです。

 

カラオケに到着後は1時間ぐらい歌って、

「疲れたからちょっと休憩」

とか言って、かなちゃんの肩にもたれかかります。

 

「いや、立場逆なんですけどwwww」

「いいじゃん、疲れたのよ」

とか言って。

 

全然嫌がらないので、あとは手を握ったり髪の毛の匂いを嗅いだり、はぐしたりして距離を詰めていきます。

 

じゃあキスは、、、、としようとすると、

「それはだめ」

と拒否られる。

 

「なんでだよ〜」

「付き合ってない人とはしません」

 

出ました。付き合ってないとグダ。

 

「いやいや、付き合うじゃん」

「付き合うの?」

「うん。次会った時ぐらいに」

「ふーん」

 

キスはさせてくれないけれども、ハグやボディタッチはかなりさせてくれます。

 

で、はぐしてる時に背中を優しくなぞると、エロい声を出していたので、そこが弱点とわかります。

その後、耳も弱いとわかり、地味に外から攻めていくとだんだんエロい雰囲気になってきます。

 

エロい声を聞いてたら我が息子も大きくなってきたので、手を押し付けてみると、

「大きくなってるw」

「そりゃ好きな人と触れ合ってたらねw」

「男の子やなw」

 

みたいな感じで、反応が悪くないです。

 

これはいける。

 

耳と背中を攻めて、エロい雰囲気を保ちつつ、

「ホテルいこ。」

「え、なにするん」

「イチャイチャゴロゴロ。ちゅーはしない。」

「それならいいよ」

 

はい、優勝確定。

 

カラオケでエロい雰囲気作ってから、ホテル搬送は最早鉄板ルートですね。

 

カラオケを出て、近くのホテルに向かいます。

女の子の気が変わらないよう、冷静にならないよう、会話をつなぎながら歩く。

 

「この辺のホテルいったことある?」

「ないよーw」

「あー、そっか、前の人一人暮らしだったもんね」

「そうそうw」

 

「てか、暑過ぎじゃない?もう9月だよ??」

「ほんとに、日焼けしそうw」

「早くなかはいろw」

 

ホテル

 

ホテル到着。少しお高めなホテル(4時間で8千円)に入ったので、めちゃ綺麗。財布に痛すぎるけど。

 

さて、あとはセックスして射精するのみ・・・!!

と、かなちゃんをベッドに押し、キスしようとするんですが、

 

「やだっ」

と拒否られます。まさかのグダ。

 

ハグしたりまではできるんですけど、キスしたり、おっぱいを揉んだりしようとすると拒否られる。

 

「やだっ」

「まじ?」

「だってキスしないって言ったじゃん」

「確かに。でもやりたいじゃん」

「やだっ」

とか言ってグダる。

 

困ったな。パワーギラとか、キレるっていう手もあるが、そういうキャラじゃない。

とりあえず、笑って余裕を見せてみる。

 

「wwwww。まじー?ホテル入ってやらんとかwwwwすげぇなwwwwなんで入ったのwww」

「だって付き合ってない人とはしないもん」

 

なるほど、付き合ってないとしないグダだったのか。

 

「何言ってんの、俺たち付き合うでしょw」

「嘘だ。」

「嘘じゃないよ。だって好きだもん。」

「私のどこが好きなん?」

「可愛いとこ。」

「見た目??」

「うん。見た目。あと、性格とか、食べるの早いとことかw」

「おい」

「wwwww。普通に、電話したときから好きだったよ。全部好き。」

「ふーん。私付き合うとめんどくさいよ?」

「大丈夫だよ。めんどくさくないよ。」

「本当に付き合うの?」

「うん、逆に付き合ってくれんの?俺のこと好き?」

「・・・・・。」

「絶対好きじゃんwwww」

「うるさいなww」

 

ほんと、会って初日で付き合うってなんやねん、そんで、なんで簡単にまた開いとんねん、って感じなんですけど。

女の子にとってそれだけ、言葉って大事なんだろうなと思います。(逆に行動は軽視されがちだったりする)

 

そのあとは、少しゴロゴロイチャイチャして。キスして、

さっきまでのグダが嘘みたいに、ぱんつを脱がせてくれました。

 

おま○こに指を入れるとぐしょぐしょで、この瞬間がたまらんですよね。

さっきまで、あんなに拒絶してたのが嘘みたい。

騎乗位で下から眺めるおっぱいも最高。

 

ホテルの休憩時間もめいいっぱい使って結局3回戦しました。

 

12時に集合して、ホテルを出たのが7時。解散する頃には、もうお互いの緊張もガッツリ取れて、手繋いで歩いてました。

 

昼までは初めましてだったのに、夜には深い関係になって、手を繋いで歩いている。っていうシチュエーションは、何度経験しても感動しちゃいますね。

 

久しぶりに満足のいく即でした。それではっ!!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です