モテと非モテのお金の使い方。その違いについて解説してみた【消費と投資】

 

どうも、ネトナン大学生です。

 

今回は、モテる人とモテない人のお金の使い方の違いについて語っていきたいと思います。

 

 

非モテのお金の使い方→消費

 

まずは非モテのお金の使い方なんですけれども。

 

例えば、非モテは以下のような方向性でお金を使います。

・ソシャゲの課金

・ギャンブル

・酒やたばこ

・アニメやアイドル等のライブやグッズ

・風俗

 

みたいな感じ。

 

これらに共通することは何かというと、とにかくお金を消費しているってことです。

これらすべてに言えることはお金を使ったら、もう消えてなくなってしまうんですよね。

 

経験や思い出が残るっていうのもあるかもしれないですけれども、でもそれほど価値があるかっていわれるとそうでもなくて。

 

あとは、彼女に貢ぐ高級バッグや、高級レストラン、そういったものも、非モテがお金をかける部分と言ってもいいでしょう。

 

それらすべて、一回プレゼントしてしまったら終わりですからね。消費と一緒です。とにかく何も残らない。

 

モテる人のお金の使い方→自己投資

 

じゃあ、逆に、モテる人のお金の使い方はなんなのか?

っていうと、すべてお金を自己投資に回している人です。

 

・本やnote等の情報

・筋トレのためのジム代

・勉強

・ファッション

・映画や旅行(経験としての資産)

・美容化粧品や整形

・ナンパする(男を磨く)

 

これらはすべて、モテる人のお金の使い方ですね。いわゆる自己投資ってやつ。

これらはすべて、お金が消えてなくなるわけじゃなくて、全部自分の身になるんですよね。

しかも、こつこつと自分の中に積み重なっていくわけですよ。

 

 

金の力には即効性はあるけれど、限界がある

 

手っ取り早く女の子とセックスしようと思ったら、一番楽なのは、風俗に行くことです。

しかし、それで満足かと言われると、うーんって感じだし、普通に考えて風俗でセックスしまくろうと思ったら向かうのは破滅の道ですね。

 

じゃあ、その次に楽なのは、金で女の子を釣る戦略です。

お医者さんとか、弁護士とか、経営者とか、そういう人達は、一般的に年収が高いので、女の子がほいほい釣れます。

ただし、それはモテというよりも、その人自身の魅力ではなく、お金につられてやってきているにすぎません。

 

年収が高いが故に、質の悪い女がよってきて、高級レストランや高級バッグを貢いだ挙句、振られるなんて話ありすぎますよね。ていうか、もはやそれ、パパ活だし。風俗となんら変わらんわけですよね。

 

じゃあ、一番何がモテに響くかっていうと、自己投資をし続けてきた人間なわけですよ。

 

非モテはとにかく搾取される運命にある

 

自己投資って、即効性があるもんじゃないです。

 

あ~、セックスしてぇ、って思ったら、一番楽なのは、風俗に行くことなんですよね。

 

例えば、セックスしたいと思ってストナンなり、ネトナンなりの練習を始めたとしても、その日にセックスできるようにはならないです。

 

ストナンは、地蔵してしまうし。ネトナンはネトナンでプロフィールがめんどくさいし、メッセージのやり取りにもコツがいるしで、大変。んで、挫折する。

 

だからこそ、多くの男たちは、風俗やオナニーに逃げてしまうわけですな。

 

で、結局お金の力やら借りて、風俗やらに手を出し、かりそめのモテに安住するわけです。

んで、結局搾取されて終わっちゃうわけですよ。

 

あとは、非モテが手を出すアイドルとか、アニメとかもそうですよね。

アイドルのライブやらグッズやら、アニメの円盤やらグッズやら。

それらも、ヲタクがアイドルやアニメのキャラクターとワンチャンできることを狙って金を出してるわけです。超間接的な風俗ですよね、これも。

 

とにかく、自己投資から逃げて非モテのまんまだとめちゃめちゃ搾取されちゃうんです。

 

自己投資とモテの関係

 

繰り返しになりますけれども、自己投資って、地道なんですよね。修行です。

だから、多くの人は最初で挫折してしまう。風俗やパパ活に逃げちゃう。

 

びっくりするぐらい最初は損した気分になります。

アプリ初めてみるだとか、ノート買って勉強してみたりだとか、筋トレしたりとかですね。

最初は「何やってるんだろ・・・」ってなる。

 

ストナンを開始して、5時間ぐらい地蔵して、0バンゲだった時の絶望感って半端ないです。

 

 

ほんとに絶望です。

 

 

しかし、自己投資っていうのは、ほんとにちょっとずつですけれども、積みあがっていくものなんですよね。

地蔵した経験も、ノート買って読んで得た知識も、英語の勉強とか、筋トレとか。

ほんとに、一段一段積みあがっていってます。あなたの中に蓄積されていきます。

 

風俗は、一回セックスして性欲を満たしたら終わりですけれども、ナンパ等の自己投資はその経験やスキルがどんどん蓄積されていきます。

 

それで、気づいたときには、めちゃめちゃ積みあがってるんですよね。

 

人間がジャンプで飛び上がれる高さなんてたかが知れてるけれど、板を一枚一枚コツコツ積み上げていけばいつかはジャンプだけじゃ到底届かないような高さになるのと一緒です。

 

金持ちで消費好きなAくんと、貧乏だけど自己投資が好きなBくん

 

例えば、年収500万ぐらいで金によるモテ力が10ぐらいのAくんがいるとしましょう。

で、それに対して、年収200万ぐらいでモテ力が3くらいのBくんがいるとします。

 

で、二人とも普通に生きてたら、そりゃ金持ちのAくんが多少はモテます。

金の力にものを言わせて、女の子のデート代を奢ったり、それなりにプレゼントを贈ってればいいわけですから。

 

 

それに対して、Bくんはお金がないので、女の子を金で釣ることはできません。

しかし、Bくんは自己投資を続けます。恋愛やナンパについて勉強したり、ナンパを通じて女修行したり、スト値を高めるために筋トレや整形をするとしましょう。

 

すると、1年後どうなっているかっていうと、Aくんのモテ力は10のまんま。

しかし、Bくんは、年収は低いけれども、対女性スキルを磨いたり、外見を磨いたりしたので、モテ度が15になっていた・・・!!

 

さらにさらに、Aくんは金にものを言わせて女の子にモテる方法しか知らないので、どんどん女に搾取されるばかりで全然豊になれません。

 

しかし、Bくんはというと、女にモテるためのありとあらゆるスキル、そして高いスト値まで獲得したので、女の子に貢ぐ必要がないどころか、なんと、男女の立場は逆転し、貢がれる側になっちゃった☆

 

なんてこともあるわけです。てか、何なら僕がそのBくんみたいな状態なわけですよ。

参考 貢がせ一か月目の教科書【貧乏大学生がOLの合鍵をゲットし、支配した方法を徹底解説】NOTE

 

モテたいなら、最初は辛いかもだけど、自己投資一択

 

結局、お金だけじゃなくて、時間とか労力とか、すべてに言えることなんだけれども。

 

自分が、今(もしくはこれから)お金や時間をかけるものに対して、これは資産になることか否か?っていうのは意識した方がいいです。

 

例えば、ソシャゲだとか、しょうもないテレビのバラエティ番組だとか、あれはほんとゲーム会社や広告会社の養分になってるだけですからね。搾取されるがままです。

パチンコとかまじで、時間とお金溶かしに行ってるだけじゃんね!?

 

そういういわゆる消費行動っていうのは、楽かもですけれども、長期的には損でしかないです。

 

逆に、本読むとか、ナンパとか、筋トレとか最初は辛いかもです。

しかし、コツコツと積み上げていけば、いつか必ず光が見えてきます。

そんで、景色が変わります。そして、辛い時間が、逆に僕たちを守ってくれる障壁になるんですよね。

 

学歴とかまさにそうですよね。

 

それと一緒です。自己投資は最初は辛いかもだけど、どんどんそれをしない人との差を広げてくれるんですよね。

 

ということで、頑張って自己投資しようぜ、っていう記事でした。

とりあえず、ソシャゲやらテレビやらパチンコやら辞めて、とりあえずナンパやら読書やら、ノート買ってみることから初めてみてはいかがでしょうか???(ダイレクトマーケティング)

 

 

それでは!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です